stickyimage

Menu

ネトゲ廃人はAmazon輸出に向いている?


rine4

昔、リネージュっていうオンラインゲームに
ハマっていたことがありまして。
韓国の漫画を原作にしたゲームです。

韓国って国土が小さいので日本以上に
輸出産業を頑張ってる国です。

例えば日本のアイドルって日本の中で
ほとんど完結してて海外出てないですよね。

でも韓国の場合は韓流ドラマやKARAのような
アイドルグループ、そしてゲーム産業という
「そんなもんが輸出なの?」っていう
いわゆるコンテンツビジネスも
いち早く輸出している国なんです。

そんなことは意識もせずに始めた
リネージュなんですけど、
黎明期からやってたので最初は
ホント感動しましたよね。

すぐネトゲ廃人(ゲームにのめり込み過ぎる人)
になってしまいました(笑)

このゲームは普通のRPGみたいに
敵と戦ってレベルあげてボス倒すという
まあやってることはシンプルなゲームです。

ただオンラインなので、個人でレベル上げるもよし、
パーティー組んで敵倒すこともできます。

個人プレーが好きな人はペットという
補助的なシステムがあるので、
ある程度までは個人プレーが可能です。

ただ、パーティーを組んだほうが
回復魔法や援護射撃をもらえるので
比較的有利にレベル上げをすることができますね。

ある日街の外に狩りに出掛けてた時のこと。

「んー、最近BOTが増えたなあ。」

低レベル地域では、いわゆるBOTという
アカウントを大量に作ってコンピューターに
延々と狩りをさせて金貨を貯めるという
手法が横行してました。

なんだか無在庫販売みたいですね。

24時間延々とツールを回してBOTに作業させた後、
貯まった金貨をヤフオクで売るという。

そういうのをRMT(リアルマネートレード)
と言って、当時は現金でゲーム上のコインを
購入するのは禁止されてました。

いまではパズドラやモンストなんかも
当たり前に課金される時代だし、
ビッドコインなどの仮想通貨も出てるくらいなので
これのハシリの時代だったと思いますね。

オンラインとオフラインを結ぶのが
実はヤフオクだったりして。

話はそれますけど
Amazonのギフト券みたいな
日本のゲームのポイントも
実は海外によく売れてた商品の1つです。

カナダ人が、冬は2階まで雪で埋もれて
外出れないからゲームするんだーとか。
へーって思いますよね(笑)

当時、大学生だった私はバイトで稼いだ
お金を使ってRMTでレアアイテムを購入し、
ゲーム上で交換して強くなってました。

よーし、RMTで武器強くなったし、
ここは1つ腕試しでも・・

と、私は洞窟に行くことにしました。

レベルに見合わない最強武器を揃えて
ワクワクしながら洞窟の入り口に向かったら・・

誰かのペットが入り口を塞いでて
なかに入ることが出来ません。

ん?と思ってプレーヤーが近くにいるだろうと思い、
軽くチャットで話しかけてみます。

「拙者、中に入りたいんだけど・・」

だーれも何も言いません。
おーい、おーい。

ペット忘れてるナリよー
(当時コロ助キャラでした)

10分ぐらいでしょうか、
無言の状態が続きます。

その辺くるくる回って、
イライラしてきた私の取った行動は・・

「ざくっ」

ペットを一度攻撃してみたんですね。
なんとなく。一発じゃ死なないので
挨拶みたいなもんです。

と、次の瞬間・・

透明になって身を隠してた大集団のパーティーが
ぼぼぼぼぼんと現れて私に一斉攻撃を仕掛けてきた!

どわあああああああああああ!!

「なななにするナリかあああああああ(°Σ°)」

という叫び声も虚しく即死して動けなくなった
私の周りには、さっき買ったばかりの最強装備が
ドロップしてその辺に散らばりつつ・・。

タシュ、タシュという音がして
それを無言で回収して去っていく。

悪夢かと思いましたね(笑)

あとで聞いたら厨房(中学生)だということでした。
その時は悔しくて武器盗まれたと言って回ったら
私の方がBAN(ゲームから追放)されました(笑)

リーダーは賢い。

彼は知っていた。BOTがはびこる世の中で、
RMTで武器を購入してる人がいることを。

BOTはツールのアカウントので回してる場合と
人力で回してる場合があります。

ツールのアカウントはアプデ(アップデート)が
あると一気に減るし、人力は中華と呼ばれてて
多分中国の田舎で20時間労働してる人達。

当時時給100円以下で単純作業を
黙々とこなしていたことでしょう。

低レベル地域でそんなことされると
ユーザーが狩る獲物がいなくなる。

運営はあの手この手でBOTを駆逐する
アップデートを繰り返してる。
Amazonの無在庫販売みたいなもんです。

そしてリアルとネットを繋ぐ架け橋となる
アカウントが存在してて、そいつは
村の端っこでヤフオクで購入した
アカウントをチェックしてお金を渡す。

不自然な「運び屋」から金貨を受け取った
私をマークして「許せない奴」と叫んで
仲間を集め、大義名分を得て私を倒し、
その武器をみんなで分け合ったワケです。

BOTスキームが使えなくなり、
ゲームに平和が戻った後で、
私は新規アカウントを作って
彼らをメッタ斬りにして
やろうと企みましたが・・。

高レベルの仲間を作り上げ、
最強武器も手に入れた彼らは
もはや私ごときが太刀打ち出来る相手ではなく
立派に成長したゲーム内で尊敬される
プレーヤーになっちゃってましたとさ。

ゲームの話でしょって思うかもしれませんが、
オンラインという意味では両方同じです。

インターネットのビジネスでも
私が稼ぎはじめたのは20代の後半でしたが
低年齢化が進み、大学生や高校生でも
月収100万円とかいうプレーヤーが誕生しました。

このリーダーの彼も、
ビジネスの世界で同じようなことができれば
きっと高収入を獲得してたはずです。

ゲームのルールを理解する。

BOT的な仕組みがあれば
それは一瞬のスキを突くチャンス。

しかし、BOTが増えれば敵が減って
経験値を増やすことが出来ないので
すぐにユーザー離れを起こします。

運営側はユーザーの声を聞き、
ひずみが解消されることになります。

Amazon輸出も、これからは
正統派のみが生きのびる時代になるでしょう。

今回の書籍がFBA中心の内容になっているのも
そういう意味があってのことです。

ビジネスもゲームバランスみたいなもんで、
人気ゲームほど、一度崩れた後に
安定期が訪れることを繰り返してます。

乱世の奸雄が平和な時代を
生きられるとは限りません。

平和の使徒が乱世で
活躍するとも限りません。

時代にあった戦い方をしなければ、
この世を渡ることはできませんよね。

あの厨房はいま、何をしてるだろうか。
会いたい。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
5年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved