総合2位御礼。実は引退するつもりでした。


1410230904書籍ページ

こんなに、すがすがしい負けを認めるのって
一体どのくらいぶりなんだろう(笑)

Amazonキャンペーンはベストセラーランキング
総合2位を36時間継続して終了しました。
これは編集者さんいわく「最強の2位」らしいです。

あ、本自体は今も売れてるので
もしかしたらまだ続いてるかもしれない。
でもまあ、私自身もう限界なので。

準備期間も含めて、本当に精一杯
やり切った!頑張った!と言える2日間でした。

やっちゃったなーと思ったのは2点あって。

少し専門的な話しになるんだけど、
FacebookのOGP設定、つまりサムネイル。
これが壊れちゃってたんですよね。
(登録自体に影響はありません)

午前0時に本番用のフォルダに差し替えた時に
ソースが古いまんま更新しちゃった。
最新版の管理を怠るとこういう時計の巻き戻しが起きる。
バージョン、ってホント大事なんですよ。

エクセルのタイトルとかで、「最新」とか
「最新の最終」とか、「決定版」とかして
修正してる人いるでしょ。あんなのダメダメ。

「1.01amazon」とか「141024amazon」とか
ちゃんと最新のファイルがどれか分かるように
しとかないとね。何億個でも増やせんだから。

上書き保存したら消えちゃったーとか
う○こですよ。それ私がやっちゃったんだけど。

あとはキャンペーンのフォームなんだけど
自動返信メールがHotmail側でブロックされてるので
Hotmail宛のメッセージは届かないよって
注意書きをしておくべきでしたが間に合いませんでした。
(全部手動で返信してます。ご安心ください)

ミスも含めて、これが私の実力。
致命的なエラーでなければ良いと
大事な部分にだけフォーカスして
少ない時間で最大の効果を発揮しました。

結果、Amazonキャンペーンは
開始4時間で部門1位三冠達成。
開始12時間で総合2位達成。

その後、キャンペーン終了まで
30時間に渡り総合2位をキープできました。

編集者さんからいただいた速報によると
前回、総合1位を取った
書籍の2倍売れてたとのこと。

みんな本当に凄いテンションだった。
まさに盛大なお祭りでした。
何百万冊もの書籍の頂点を目指すに
ふさわしい戦いだったと思う。

空が青くて、秋晴れの、
文句のつけようのない
良い天気でした。

お昼の12時、これで全部終わり、
役目を果たしきったと胸をなでおろした。

キャンペーンの申込者は100人、
200人とガンガン増えていく。

あなたも含め、まさに今、
怒涛のごとく、怒号が鳴り響かせながら、
快進撃でランキングを塗り替えてった。

その大進撃中の最中、手は少し震えていて、
私は小さく自宅の庭を一周まわってた。

静寂。

「1位取ったら、辞めよう。」

実は、本当に近い人にしか言ってなかったけど、
全ては計画通りに進んでた。

日付も決まってました。
来年の1月24日。

この日に向かって引き継ぎを行い、
後継者を決めて、1月24日に
盛大にお別れを言って、記事の更新を
ストップすることになってました。

さよーなら。

なぜ1月24日かというと、
毎年開催してる新年会の
幹事が来年は私だから。

約束してる予定はこれが最後で、
約束は必ず守るのが私の流儀です。

もう少しだな、と時計を見る。

全ては予想通りに動いてる。
もう思い残すことはない。

はずだった。

やりたいことも全部やり切った。
だから、別にいい。

最終章って言葉を今年の6月ぐらいに
記事で書いてみんなに心配してもらったけど、
目指してた「ひとつながりの秘宝」を見つけた。

物販・サービス・情報のビジネスが
1つに繋がる鉄板のパターンが分かった。
全部の結果を出し尽くした。

あなたも一緒に見たはず。
モノづくりと共感が共鳴すると
奇跡を起こすことができる。

そろそろ守りに入っても良い頃だと。
イチイチ周りに気を遣うこともないし、
分かる人にだけ分かってもらえればいいさ。

こんなに多くの人に自分を見てもらって
反応気にして生きることもないでしょ。

それが、こんな結果になっちゃうんだもんね。
さすがにこれは考えてなかった(笑)

実は著者名だって武藤さんに譲るつもりで
私の名前は外してくれって頼んでたし、
段取りだけつけて、全部あげるつもりでした。

共著という形になって責任を負い、でも
部門1位ですら取れるかどうか不安だった。
でも結局、やるからには利益が大事。

あらゆる人を巻き込み、全ての知識を
総動員して100%以上の結果を残す。
それが私に期待されてる役割。

地域振興だとか祭りだとかもそうじゃん。
利益は別にとかいいながら、儲からなかったら
みんなガッカリするでしょ。

本を書いたら売らなきゃいけない。
書いた人が自慢できなきゃいけない。
買った人が満足しなきゃいけない。
応援しがいのある舞台を用意しなきゃいけない。

次へ繋げるための達成感を得るためには
慈善事業じゃダメなんですよ。

そういうものに、コミットするためには
綿密な計画の上に、人を動かす情熱が必要。

人にお願いして、無理だという人を
説得し、自分がまず一番に動く。

もう疲れちゃってね。

12時過ぎてから、5分おきにリロードして。
いまかいまかと待っていた。

いっこうに上がらない。
さすが総合1位、強いなーと感動する。
1位だけは、群を抜いてますね。

3時間経ち、5時間経ち。

ここまでやったんだからと奮起した。

12時間経ち、24時間経ち。

最後の一段を上がらないランキングよりも、
ビタっと2位で落ちないランキングに、
私は今までと違う感覚を覚えました。

これってもう・・。

本の中身以上に本気で私達のこと、
応援してくれてるんだよね?
そう思って、いいんだよね??

そう考えると、1位になれないという
申し訳なさよりも、もっと別の感情が
湧いてくるようになりました。

まだ行ける、まだやれよってか。
鬼だなみんな。

生まれ変わる必要があると思った。
1位は結局取れなかった。

だけど期待してるよと言われるのも、もう嫌だ。
だから、今日から私は生まれ変わる。

初めて気持よく負けた。
勝つよりも、すがすがしかった。
はっと気付いた。

全力で失敗するって、気持ちいい。
みんなと一緒に頑張るってすがすがしい。
だから私は、初心にかえります。

私はまだ辞めれない。
だけど次からはもう、頼まれ仕事はやらない。

好きなことだけを、全力でやる。

この一瞬一瞬を、業火の如く。

みんなありがとう。
次は1番取るよ!


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。