stickyimage

Menu

中米で売れる商品リスト


中米で売れる商品リスト

 

おはようございます!中米と日本を繋ぐゲートウェイ戦略企業の加藤です。

遂に私のブログ更新も最後となり、2013年の締めくくりに近い日に投稿させてもらえる喜びを感じております!

最近は長男が来年小学1年生になるので縄跳びや鉄棒、自転車と色々教える事が多くて大変です(笑)。

寒い日に公園に行って教えておりますが、日に日に大きくなっていく息子の姿をみるのは毎日楽しみです!

中米で売れる商品リスト

さて今回は中米を中心に行われている弊社の商品のリストをご紹介しようと思います。現地でのコネクションをフル活用して業者間取引成立や日本企業の進出を行う前の市場調査を行える体制が整っておりますので、商材別に弊社が取り組んでいる内容をご紹介しようと思います。

1 彫金

駐日エルサルバドル大使とのコラボレーションにて同国の認知度を日本国内で上げるべく、エルサルバドル国旗をデザインした彫金商材を作成しました。こちらはサンプル品をエルサルバドルへ送付して、政府関係者・空港土産物屋オーナー・観光地の土産物屋オーナーへの営業を開始しました。そして何と先週嬉しい報告がありました。私のコネクションと現地エージェントのコネクションを駆使して現外務副大臣への営業を試みていたのですが更に他の担当大臣にもサンプル品が渡っており購入や採択される可能性が出て参りました。これは日々エルサルバドルと連絡を取り続けている成果が出て来たものと思っております。こちらの商材はどんなデザインでも作成可能ですのでバリエーションは無限。用途に応じて作成することが出来ますので、ブラジルワールドカップ・オリンピック、そして日本で開催されるオリンピックへ向けて商材を更に良い物が作れるようにしていきます。

2 中古PC

中米ではほとんど米国から流れてくる中古PCを多く扱っており、日本製の中古PCが最新スペックで手に入るとなれば販売の余地ありと考えています。米国産のPCと同じ程度の販売価格を実現する為にエルサルバドルで販売されている機種や場所、購入者の年齢層及び日本製中古PC販売に向けた代理店契約を結びたい企業へアプローチをしております。40ftコンテナへ積むとなると相当数になりますので大手企業から営業を開始。既に各社最終会議まで行っております。引き続き良質の中古PCが輸出出来るよう万全の体制で契約が結べるようにしておきます。

3 車中古パーツ

中米で多く取引されているのが日本国内では解体業者が扱うようなパーツが未だに盛んに取引されている事に着目しております。安く手に入れられる業者を開拓しました。私の地元は愛知県ですので自動車関係の仕事の伝手が結構あるので助かります。しかしながら日本車パーツを確実に扱える業者が居ないのが現実。エルサルバドルにこだわる事無く中米全域で取り扱える業者が居るかどうかをリサーチしております。現在候補に挙がっている国が2、3カ国ありますので、そちらとの会議を何回も繰り返ししっかりとした取引が出来るように構築していきます。

4 生地

米国のアパレルや靴製造の工場がエルサルバドルにあるということは判明しているので、まずはアパレル工場へ日本の生地を使わないか?と営業を致しました。様々な米国アパレル企業が会議を持ってくださっておりますので、草木染めのサンプル品を近々送付して会議に臨みます。

5 インスタントラーメン

日本国内大手製麺所とのコラボレーションが決まりそうです。私の日本国内のコネクションから紹介して頂いたのですが、商品開発を中米各国大使を巻き込んで商品開発を行い輸出に繋げられるように提案書を来年提出。商品化した後に輸出致します。既存の商品はエルサルバドル国内の大手デパート・大手スーパーへのコネクションからテスト販売へ繋がりましたので反応をみて判断する事となっております。

6 表具・建具

勉強をさせて頂く為に1ヶ月間一緒に仕事をさせてもらいました。非常に奥の深い商材となっております。表具を直すのにはそれはもう大変な手間と技術が必要なのですが、こちらの修繕を市場相場よりも安く修繕する事が出来るよう弊社との契約を結んで頂きましたので、表具・建具や仏絵などをこちらで修繕してから販売をして頂くというシステムが出来るように構築中です。日本の文化財を輸出してらっしゃる方は修繕して綺麗な形にしてからお客様へ届けるのはいかがでしょうか?京都が本場なのですが10年間京都で修行した方が技術をしっかりと学び同等レベルでの修繕が可能でそして費用も抑えられる。私へ問い合わせて頂ければすぐに見積を致しますのでご相談ください。中南米全域でも日本の文化財は大人気。しっかりと輸出出来るようまずは展覧会を開催して市場の反応を見ようと計画しています。

7 おもちゃ・お菓子

中米のテレビでは放映権が安くなった少し古いアニメが放映されているので先進各国に比べて遅れて人気が出てくるのが特徴です。この特徴を生かして仕入れの安くなった商品を輸出します。フィギアとか詳しい方に教えてもらうために職場に潜入出来るか現在交渉中です(笑)。お菓子も大人気です!こちらは名古屋にあるお菓子の卸問屋の方と一緒にサンプル品を現地に送って反応を見ておりますが非常にいいことから来年からある程度のロット数で輸出を行います。

東南アジアへの展開

私のビジネスを発信し続けているとお話がどんどん提案されます。ここで判断する基準は吉田さんのブログやセミナーでの教えを学んでいれば何も怖くありません。詰め将棋のようにお互いの言葉でビジネスを構築する。その中で東南アジアへ輸出のお話がありました。私のコネクションから構築出来るようにするにはと色々とお話を進めさせて頂きましたら、中国から商材を東南アジアへ・・・・日本から仕入れて・・・・・とアジア各国への輸出網の構築も徐々にではありますが出来上がりつつあります。そしてパソコンや電話だけではやはり世界が見えてこないということで、色々と勉強する為にまずは現場で働いてみるということも12月は行いました。産業廃棄物業者さんと一緒に家の解体を行い家具やシステムキッチンやらをどうやって廃棄しているのか?または中古品として商品化されているのか?こちらは現場に出る事によって学ぶ事が多くありました。現場方々にも色々な情報を頂き目から鱗ものの内容も聞けましたよ!先程も書きましたが表具・仏絵の修繕にもチャレンジ。緊張のあまり手が震えて作業が出来ない事も有る程難しい行程を作業させて頂いたりとこの世界の一端をかいま見れた気がします。ですので実際に現場に出てどんどんと学んでいきたいと思います!それにしても慣れない仕事から体重が一気に7kgも落ちたのは内緒で(笑)。

まとめ

3ヶ月間に渡り私の活動をご紹介してきました。吉田セミナーによって生まれたビジネスは創業助成金という形で日本が認め私のビジネスを後押ししてくれてます。そして吉田マインドによるビジネスの鋭利化が進みここまで来る事ができました。お金がないから行動出来ない、時間がないのでビジネスが出来ないとあれこれ考えて行動が出来なくならないように常に「今日出来る最大の行動をしよう」と精力的に動くようにしています。後から振り返ると、「無駄な行動だったな~」と思う事もよくあります(笑)。しかし、いつも決められた道ばかりを行くだけの人よりも、道に迷って色々な場所へ行っている人の方がその地域に詳しくなると(矢印 (左)ちょっと強引な考えですか?(笑))自分に言い聞かせここまで活動してきています。そのおかげで私の周りには本当に助けてくれる方々が多く居ます。行動する事によって新たな人間関係が私の人生に加わり、日本帰国時には想像もできない程形にすることができました。

来年からはエルサルバドルを中心とした中南米各国、そして東南アジアでの展開が本格化していきます。日本から世界へ。あなたも一緒に飛び出しましょう!!

あなたにも素敵な仲間はいますか?

それでは皆様よいお年を!

あなたへ加藤拝


4年 ago by in 未分類. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved