stickyimage

Menu

国際eパケット(ePacket)の料金・割引がどれぐらいおトクか調べてみた!


国際eパケット(ePacket)の料金・割引がどれぐらいおトクか調べてみた!

こんにちは、朝岡です。

海外へ商品を送るとき、どうしても気になるのが発送料金ですよね。せっかく安く仕入れができたのに、商品のサイズや重量で予想以上の送料が請求されてしまい、思ったほど利益にならなかった・・・なんて経験は皆さんもあるかと思います。海外のお客様もよほどの急ぎでなければ出来るだけ安い送料を好みますし、こちらも発送にかかるコストはできるだけセーブしたいですよね。

今回は日本郵便が提供している「国際eパケット」について少し調べてみました。
(※現在Hasso Japanではeパケットの受付(取扱い)はしておりません)

■国際eパケットって?

発送方法と配達日時は「書留付き小型包装物航空便」と同じですが、オンラインで発送ラベルを作成することでリーズナブルな料金で発送できる、というものです。ですので、サイズと重量の制限は「小型包装物」の制限と全く同じものになります。(縦+横+高さ=90cm以内・重量2kg以内)「書留」に関しても全く同じです。万が一、亡失・損傷した場合の賠償額は最大6000円になります。

■料金はどれぐらい安くなる?

「書留」「小型包装物」「航空便」
これらがデフォルトになります(書留を外したりSAL便に変更したりはできない)。
小型包装物と同等なものになるので、地帯区分も同じですね。

第1地帯(アジア)
第2地帯(北中米・ヨーロッパ・オセアニア)
第3地帯(南米・アフリカ)

個人的にですが、アメリカやヨーロッパ宛に荷物を発送することが多いので、今回は「第2地帯(北中米・ヨーロッパ・オセアニア)」に絞って比較してみますね!

・重量が50gまでの場合
書留付小型包装物航空便:560円
国際eパケット:560円

なんと。料金は同じでした。この場合はeパケットのおトク感はないですね。

・重量が250gまでの場合
書留付小型包装物航空便:920円
国際eパケット:860円

おお、60円の差が出ましたね。7%ぐらいの割引です。

・重量が500gまでの場合
書留付小型包装物航空便:1370円
国際eパケット:1235円

差は135円です(約10%割引)。

・重量が1000gまでの場合
書留付小型包装物航空便:2270円
国際eパケット:1985円

ここ(1000gまで)の料金がどの地帯においても最大の割引率になります。差は285円(約13%割引)。そしてこれ以降の割引率は下がっていきます。

・重量が1500gまでの場合
書留付小型包装物航空便:2720円
国際eパケット:2525円

差:195円(約7%割引)

・重量が2000gまでの場合
書留付小型包装物航空便:3170円
国際eパケット:3065円

差:105円(約3%割引)

■eパケットサービス導入の狙い?

個人的な予想ですが、発送ラベルの作成は客側になるので、eパケット利用者が増えれば増えるほど日本郵便でのラベルの作成費用、インク代、配達の手間等が軽減され、その浮いた部分を「eパケット割引」という形で還元しているのでは?と考えています。また、このサービスは「小型包装物航空便」限定で展開していますが、オンラインマイページに進めば「小型包装物SAL便」「EMS」のラベル発行も可能です。ただ、これらには割引が適用されません。用紙代やインク代は客持ちになりますが、送料は従来のものと同じというなかなかの作戦ですね。笑

■オンラインのラベル作成は利用しやすい

ただ、使い勝手は良いですね。eBayやAmazonで販売すれば、お客様の住所はオンラインで見ることができるので、それらをコピペして内容品をパパッと打ち込んで印刷するだけですからね。個人利用なら99件まで、法人利用なら1000件までのアドレス帳も作れるので、定期的に商品を買ってくれる常連さんがいれば、入力の手間も省けます。

■その他の割引制度

国際eパケットには以下のような割引もあります。

差出しの都度割引される「差出しの都度割引(一回の差出通数が10通以上)」
月間の発送通数で割引きされる「月間割引(後納手続きが必要)」
荷物を名あて国ごとに分けて差出し「区分割引(1回の差出通数50通以上)」
集配業務を行っている郵便局へ差出し「集配支店等差出割引(1回の差出通数50通以上)」

最初はおお!って思ったんですが、これらは従来の「小型包装物」にも適用される割引になるので、国際eパケット限定っていうわけではないんですよね。.

■まとめ

ということで、インクや用紙、プリンターにかかるコストさえ気にしなければ、eパケットの利用はしたほうがいいのかな、と思います。手書きでラベルを作成している方がいれば特にそうですよね。簡単に発送ラベルを作れちゃいます。ちなみに補足ですが・・・Hasso Japanでは入力いただいた発送代行依頼をCSVデータとして専用ソフトに取り込んでラベルの作成をしています。eパケットのように住所をその都度コピペする、という作業がありません。入力いただいた情報にチェックを入れて、印刷ボタンをポチッと押すだけで発送ラベルが完成するので、短時間で大量の荷物を処理しています。そのあたりも含めてHasso Japanの「現状eパケットには対応していない」をご理解いただければな~と思います。朝岡でした。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3年 ago by in HASSO JAPAN , 便利ツール , 国際郵便. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved